12/08/2021

インターネットの発達によって、いまや動画配信サービスは生活に欠かせないものとなっています。こうした動画配信サービスを提供するには、専用の動画配信システムが必要です。そこで、動画配信サービスのシステム開発の案件に携われるエンジニアになるには、一定のスキルを備えておくことが大切でしょう。

求められるスキルは、開発する動画配信システムによって、必ずしも一律ではありません。一般的に言われるのは、使用されることが多いプログラミング言語を習熟する点です。具体的には、JavaやRubyなどがよく用いられています。少なくとも、この手のプログラミング言語を2つ以上使いこなせるようになっておくと、動画配信システムを開発するエンジニアとして、仕事の幅を広げられるでしょう。

また、動画配信サービスは、比較的規模の大きなシステムです。そのため、プロジェクトマネージャーなどの要職を務めたい場合には、プログラミングスキルに加えて、クライアントと円滑にやり取りできるコミュニケーション力が求められます。さらに、複数のエンジニアを束ね、1つの目的に向かって開発を進めていける強いリーダーシップも大切です。

ここでは、動画配信システムを開発するうえで備えておきたいスキルを紹介しました。動画配信サービスが流行っている今だからこそ、動画配信システムの開発に携わりたいというのであれば、こちらのサイト[http://dogahaishin-service.com]にも目を通しておくといいでしょう。